【強い会社の条件とは】

経営の原点は付加価値を生み出すことです。

一般に「付加価値」とは(売上高-売上原価)をいい、その付加価値額から給与や経費が支払われ、残りが利益となります。付加価値額からしか利益は生まれないのですから、いかにしてこの付加価値を上げるかが経営の最大のポイントとなるわけです。

付加価値額を知るためには、正確な月次決算書が絶対に必要です。

その月次決算書作成のための手段が記帳です。一定のルールに従い発生の都度取引を記録していきます。正確な会計数字を把握すること、そのためには日々の記帳習慣が必要なのです。ただそれは「会計からもたらされる情報」が必要だからであって、「会計の処理」に余分な手間をかけることではありません。
通帳を見ながら1行1行会計ソフトに入力するような作業に意味はありません。ITを駆使することで作業は格段に効率化させることができます。私共の会計帳簿作成のノウハウをぜひ共有いただき、無駄な労力を省き、適時に適正な会計帳簿を作成することで共に強い会社を築いてまいりましょう。

 

【記帳代行丸投げによる弊害】

社外(会計事務所)に帳簿の記入を依頼してしまうことのデメリットは次の通りです。

通常ひと月分の領収証を会社側でまとめて月次資料として会計事務所に渡します。会計事務所はその受け取った領収証を会計ソフトに入力していきます。会計事務所側で入力が終わり、お客様に数字が届くのは、領収証を渡した月の翌月、つまり売上や費用が発生した月の2か月後となってしまうのです。

経営者は常に2か月遅れの試算表を見ていくことになってしまいます。

このような感覚ではたしてタイムリーな経営判断が可能でしょうか。この商人として当たり前の大切な習慣を、いったいどれだけの会社が実践できているでしょうか。この大事な記帳を他人任せにしていいはずがありません。

私たちはお客様が自社の経営を適時に把握できるようにするため、自計化(自社で帳簿をつける)を徹底的にご支援して参ります。