事務所理念

【強い会社の条件とは】

経営の原点は付加価値を生み出すことです。

一般に「付加価値」とは(売上高-売上原価)をいい、その付加価値額から給与や経費が支払われ、残りが利益となります。付加価値額からしか利益は生まれないのですから、いかにしてこの付加価値を上げるかが経営の最大のポイントとなるわけです。

付加価値額を知るためには、正確な月次決算書が絶対に必要です。

その月次決算書作成のための手段が記帳です。一定のルールに従い発生の都度取引を記録していきます。正確な会計数字を把握すること、そのためには日々の記帳習慣が必要なのです。ただそれは「会計からもたらされる情報」が必要だからであって、「会計の処理」に余分な手間をかけることではありません。
通帳を見ながら1行1行会計ソフトに入力するような作業に意味はありません。ITを駆使することで作業は格段に効率化させることができます。私共の会計帳簿作成のノウハウをぜひ共有いただき、無駄な労力を省き、適時に適正な会計帳簿を作成することで共に強い会社を築いてまいりましょう。

 

【記帳代行丸投げによる弊害】

社外(会計事務所)に帳簿の記入を依頼してしまうことのデメリットは次の通りです。

「記帳代行」業務は通常ひと月分の領収証を会社側でまとめて月次資料として会計事務所に渡します。会計事務所はその受け取った領収証を会計ソフトに入力していきます。会計事務所側で入力が終わり、お客様に数字が届くのは、領収証を渡した月の翌月、つまり売上や費用が発生した月の2か月後となってしまうのです。

経営者は常に2か月遅れの試算表を見ていくことになってしまいます。

このような感覚ではたしてタイムリーな経営判断が可能でしょうか。この商人として当たり前の大切な習慣を、いったいどれだけの会社が実践できているでしょうか。この大事な記帳を他人任せにしていいはずがありません。

私たちはお客様が自社の経営を適時に把握できるようにするため、自計化(自社で帳簿をつける)を徹底的にご支援して参ります。

数字を語れる経営者になりたくありませんか…

 

ごあいさつ

東京都昭島市の大林央税理士事務所です。

私共は地域密着をモットーに、お客様の一番身近な相談相手としてフットワークよく対応してまいります。お客様の成長を支えること、不安を解消して差し上げることが当事務所の使命です。わからないことはお気軽にご質問ください、何度でも毎回笑顔お答えいたします。

 

 

当事務所について

当事務所はお客様との「対話」を大事にして参ります。

じっくりとお話をお聞きして、お客様の夢、事業への想い、今後の目標、越えるべき課題を共有させていただければと考えております。そして、その夢や想いを実現させ、目標を達成し、課題を乗り越えるための具体的な方法を共に考えて参ります。

当事務所の存在意義はお客様の事業活動を日々支援することにあります。お客様が人生を賭けて起こした事業を、みなさまの夢の実現を全力でサポートして参ります。

 

 

代表者紹介

静岡県三島市出身。
大学卒業後、出身地である地元静岡県の上場商社に就職。転勤で昭島市へ赴任しましたが、税理士を目指すべく東京都国立市の税理士事務所へ転職。子育てとフルタイム勤務の傍ら税理士試験の受験を続け2017年12月税理士試験に5科目合格。
2018年11月昭島市福島町(東中神駅徒歩1分)に大林央税理士事務所を開設致しました。

 

税理士業界での経験も15年目となり、これまで製造業、建設業、ソフトウェア業、小売業、飲食業、不動産業、歯科医院、調剤薬局、サービス業等多くの業種を担当して参りました。業種業態の特徴に合わせて柔軟なサポートを提供して参ります。

プライベートでは双子男児の父親でもあります。